• 利用者の声 Vol.1 – エデュテ株式会社 – トレーダムの導入で月に一回為替と向き合えるように
    阪根 有沙
    この記事の著者
    ジーフィット マーケティング&広報チーフマネージャー

    2020年7月、ジーフィット株式会社にインターンとして参画。現在は、マーケティング&広報チーフマネージャーとして広報活動やマーケティング活動の主に取材・記事執筆を担当。
    国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科を2023年7月に卒業。

    ケーススタディー

    中尾社長 利用者の声インタビューアイキャッチ画像

    神戸市に本社を置き、東南アジアからアメリカ、ヨーロッパまで、多彩な国々の知育玩具の輸入卸やネット直販を行っているエデュテ株式会社。

    前回の経営者インタビュー vol.1では、代表取締役の中尾信也氏に「感動子育て」で社会に貢献したいという想いや、海外展開を見据える中での為替変動による苦悩を語っていただきました。

    前回の経営者インタビュー vol.1はこちら

    今回も代表取締役の中尾信也氏にインタビューさせていただき、海外展開の現状と「トレーダム為替ソリューション」を実際に活用された感想についてお話をうかがいました。

    「短期ではドルで稼げる企業を、中長期では業界ナンバーワンを」

    輸入だけでは円安の影響が大きく、輸出も行い海外展開を目指す

    ー 前回お話しされていた海外展開の現状はいかがでしょうか?

    台湾・中国・シンガポールなどをメインに着実に海外展開のプロジェクトを進めています。さらにU.S. Amazonには直店舗を、中国では小会社を持っています。その他の国では、代理店を通して商品の卸販売を現地の小売店などに行っています。

    ー 具体的にどのような商品が輸出されていますか?

    大きく分けて輸出する商品パターンは3つです。1つ目は、エデュテ社のメイドインジャパンのおもちゃを輸出するパターン。2つ目は、海外への輸出が難しい他社さんのメイドインジャパン・デザインバイジャパンの商品を代わりに輸出するパターン。3つ目は、ガンダムやワンピース、ポケモンなどの既存のライセンス商品であるアニメキャラクターを輸出するパターン。現在はこれらを海外に輸出しています。

    ー なぜその3つのパターンに絞られたのでしょうか?

    輸出の目的は、大きく利益を出すことではなく早く売れるものを販売し、為替差損益を抑えることだからです。ドルが会社に入ってくる状態を作ることが会社にとって良いんですよ。

    ー そこには円安の影響がありますか?

    あります。円安により輸入が厳しい状況です。そんな中でも利益率の悪い商品は全て入れ替えを行い、苦しみながらも次の新しい展開に向かっています。

    IMG 3646

    海外取引を積極的に行うために「トレーダム為替ソリューション」の導入を決断

    ー 輸出入を行う上でのドル円の判断はどのようにされていますか?

    輸入業を営む友人の経営者や取引のある地方銀行の為替担当者から他社の参考事例を聞いて、為替リスクについての情報を入手することが多かったです。為替の大きな流れを掴むために、日々のニュースをチェックしつつ、ドル円為替に詳しい専門家の友人の意見も参考にしながら、ドル円の判断をしていました。

    ー なぜ「トレーダム為替ソリューション」を活用しようと思っていただいたのでしょうか?

    2022年の大幅な円安で為替のプランニングをすることが大事だと実感し、それを行ってくれるのがトレーダムだったからです。それまで、まさか為替でこんなに痛い目に遭うとは思っていませんでした。コロナの影響で1年目はまずネットの売上が上がりました。しかし2年目ではコンテナが届かなくなり、3年目で円安が起こり、2-3年目の経営への影響が多大でとてもしんどい思いをしました。為替が25%-30%と大きく変動することは今までなかったので、その時に初めて予測をある程度たてて為替のプランニングをすることが大事だと学びました。やはり、為替変動によりボラティリティが高くなることに対しては、防ぎようがないためプランニングするしかないんですよね。正直、一刻も早くトレーダムを活用したく、サービスリリース前のユーザーヒアリングに協力している際からサービスインを早くしてくれと頼んだくらいです(笑)

    ー 今年(2023年)の6月から実際に「トレーダム為替ソリューション」を活用されてみていかがでしょうか?

    まだ結果が出る段階ではないので、実際の効果は分かりません。でも導入の一番のメリットは、毎月一回ドル円と向き合うことができることですね。じっくり話す機会ができること、及び、トレーダムの発信するコンテンツによって経理担当者のドル円周りの知識も身につきました。また、なるべく早く仕入れ値の予定を立てる方がレバレッジが大きいので、トレーダムの導入により早めに判断ができるようになりました。設定したら届くレートアラートも、ドル円を意識し予定を立てるための意識づくりに繋がっています。

    ー ありがとうございます。トレーダムの導入間もない今もメリットを感じていただいているとのこと、嬉しく思います。今後「トレーダム為替ソリューション」に期待する部分はありますか?

    銀行のシステムとのAPI連携を期待しています。現在は、ドル円の支払いをスプレッドシートで管理しています。それをトレーダムのサイト上で行うことができれば、とても楽になるのでありがたいです。それに加えて、週に一度届く為替レポートについて月に一度程度解説セミナーを開催していただきたいです。書いている内容が難しいので、解説の時間があると為替の知識も身に付く、いい機会になると思います。

    ー そのお声を参考に弊社でもサービスの改善を図りたいと思います!実際ご活用いただいてみて、どのような方に「トレーダム為替ソリューション」をおすすめされますか?

    やはり、ドル円に経営が左右される企業さんですね。この方達は絶対に導入することをおすすめします。為替という外部要因はコントロールが効かない部分なので、それをヘッジしていく企業さんはトレーダムの導入で改善できると思います。銀行の方が勧めてくるものが本当にいいのかを判断することができるようになりますよ。

    IMG 3657

    ー 貴重なお話をありがとうございます。為替変動の影響を受けながらも、着実に海外展開を進められている様子をうかがうことができました。エデュテ株式会社の更なる活躍に「トレーダム為替ソリューション」がお力添えできればと思います!

    ようこそ、トレーダムコミュニティへ!